施設の特徴&コンセプト
ホーム > 施設の特徴&コンセプト

施設の特徴&コンセプト

P1000771 P1000612 P1000574
施設外観 施設内観(治療&トレーニングスペース)

アットホームなプライベート空間で
本格的な鍼灸治療や各種施術、
トレーニング指導をお受け頂けます

SOCIOでは、西洋医学・東洋医学・トレーニング科学それぞれの特徴を生かし、患者様やクライアント様お一人お一人に合ったオーダーメイドのサポートを展開しております。人間の身体は遺伝要素や日々日常の生活環境の違いにより様々です。そこに対する処方に関しても、個人で違いが生まれる事は当然です。治療やトレーニング指導におきましては、それぞれの目的や目標をしっかりとヒアリングした上で、進めて参ります。

 

お身体の不調、痛みや障害の解消からスポーツパフォーマンスの向上まで、皆様の最適なパートナー(SOCIOはポルトガル語で「パートナー」という意味があります)として、サポートしていける存在でありたいと当方は考えております。

 

多くのプロアスリートやジュニア世代のトップアスリートまで指導経験豊富なトレーナーによる身体のトータルサポートを、ぜひ皆様の健康管理やスポーツライフにお役立て下さい。

 

*当院では保険診療は行わず、完全自由診療とさせて頂いております。保険診療では、提案・提供できる施術範囲が限られてしまい、お一人お一人に最適な治療計画が立てられないためです。ご理解の程、宜しくお願い致します。

SOCIOが行う施術のプロセス

HOPS&東洋医学問診

*「HOPS」(ホップス)とは、トレーナーの技術により、身体の機能を検査・評価する手順の総称です。

H:History 聴く

問診から身体の現状を正確に把握するために用います。

O:Observation 視る

身体全体を観察していきます。表情や動作、左右差など観察ポイントは多岐に渡ります。

P:Palpation 触れる

解剖学に基づき、骨や筋肉、軟部組織などの状況を直接触ることによって確認します。

S:Special&Stress Test 整形外科的検査

上記3つからある程度の傷害部位を限定し、特定の傷害を検査するために用います。

東洋医学問診

生活習慣を主体に顔色・姿勢・動作・舌の状態・経穴(ツボ)の反応・脈の状態などを加味した問診を行います。上記の二つの方法を用いて、お一人お一人に最適な治療プランをご提案致します。

pdf-image

SOCIO鍼灸治療カルテ (NPO TRAINER’S BANK作成)

SOCIOが行うトレーニングプランニング

VBA

utaka

*Visual Body Assessment (ビジュアル・ボディ・アセスメント)とは、計測機器などを使用せず、視覚的にアライメント(姿勢)や動きを評価して、それらに基づきアライメントの不良や代償動作を改善させながら、トレーニング指導に反映させる方法です。多くのスポーツ現場で実践されています。
対象者の身体のメルマーク(例:肩の高さ、肩甲骨の位置、膝や足首など骨の傾き)を利用し、トレーナー自身の眼により評価をします。その視覚的なデータと最新のトレーニング科学を組み合わせ、より安全で、より効果的なトレーニングプログラムを作成致します。

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

過去の記事


SOCIO
モバイルサイト